定期リフォームしてますか?水廻りの寿命は約15年~20年程度です

キッチン

水廻りの定期リフォームについて

洗面台

水廻りの設備には、それぞれに寿命というものがあります。そしてその寿命のタイミングで定期リフォームをしてメンテナンスしてあげないと、重大なトラブルなどが発生してしまいかねません。水廻りの寿命というは約15年から20年程度、長くても25年と言われています。新築からそれくらいたったら皆さんしっかりとリフォームをするようになさってください。また一度リフォームしても、またしばらくすれば寿命が来ますので、その都度リフォームをしていく事になるでしょう。
この定期リフォームは、例え水廻りの設備に目に見えた不調がなかったとしてもしっかりと行うべきものです。その時は大丈夫でも、寿命を迎えているといつどこが不調になってもおかしくはありませんし、さらに目に見えない部分でかなり悪い状態になっており、それを修繕するのにはかなりお金がかかるなんていうケースも多々あります。全くリフォームをしないでやっていくという事はできないのですから、しっかりと寿命の時期が近づいたら早めにリフォームをして、水廻りの健康を保ち続けるようにしましょう。その方が、どなたも快適に生活ができ、また後悔なども起こりにくいと言えるのではないでしょうか。

水廻りリフォームはできるだけまとめて

水廻りというと、キッチン、トイレ、浴室などが挙げられるでしょう。これらは定期的にリフォームの必要性のある部位になります。こういった水廻りは目立った不調がなくても新築からそれなりの時間がたっていれば、機能が下がっている、浴室ならタイルの裏で腐食し始めている、など様々な問題を抱え始めます。見えないところで不調が大きくなると、その修繕費はどんどん高くなっていく事でしょう。早めにリフォームをしていけば、無駄な修繕補修費がかかる事はありません。
そして、水廻りのリフォームを行う際には可能な限り複数まとめて行ってしまいましょう。だいたい水廻りのリフォーム時期というのは15年から20年程になりますので、そのくらいで全て一緒にリフォームをしてみてください。まとめてリフォームをすると、まず一度の手間ですむので楽です。何度も業者が出入りしてリフォームをするというのは大変ですが、一度にまとめてしまえばその煩わしさも軽減できるでしょう。また料金に関しても、同じところに複数まとめて依頼をする事で安くなる事が期待できます。まとまったお金は必要になりますが、どうせ必ず必要になるものなのですから、まとめてやってしまった方がトータルではずっとお得だと考えられます。

枚方の築40年のビルでの格安水廻りのリフォーム

ここ一年未満で、枚方にある築40年ほどのビルに引っ越すことになり、古いタイプの作りで間取りからもスペースも大きく変えることは出来ないので、最低限、清潔、かつ、便利に料理ができるように格安で水廻りリフォームをしました。まず、冬場はお湯を使いたいので、水とお湯が出るようにしようと思いました。普通なら、一括で、元から、風呂も洗面も使える、給湯器を付ければよいのですが、外に給湯器を置くためには、コンクリートに穴をあける必要が出てくるので、ガス式の湯沸かし器を付けることにしました。湯沸かし器は、ホームセンターで買い、ガスホースは、今は、ガス屋さんしか付けられないので、ガスの開栓の時に、つないでもらいました。
あと、止水栓もリフォームしたくなり、お鍋などが洗いやすくするために、少し上向きの、柄の長めのものにつけかえ、コンパクトで、安価な浄水器をネットで、調べて購入しました。流し台も、そこに収まる格安の物を、親族の建築関係の仕事をしている人から、仕入れてもらい、はめてもらいました。普通なら、ガス台まで、一直線になっている流し台だと思いますが、このビルの場合、とても、小さい水廻りスペースなため、ガス台は、水廻りの端に、垂直に置きました。ただ、作業をするときは、水廻りから、ガス台まで向きを変えれば良いだけなので、水廻りリフォームを枚方でしたことにより以前に住んでいた住宅より今の枚方の築40年のビルの方が、案外動線が近くなって料理が一層しやすくなりました。

recommended post

ダイニング

水廻りリフォームで大事な事

持ち家がある方にとっては、水廻りリフォームというのは避けて通れない道だと言えるでしょう。そんな水廻りリフォームに関して、特に大事な事をこれから皆さんにお教えしたいと思います。しっかりとそれを把握しておけば、失敗や後悔は回避できるはずです。まず水廻りリフォームというのは、見た目だけでタイミングは判断できないという事を知っておきましょう。見た感じ、使っている感じではそこまで悪くなっているようには思わない、という場合にも実はリフォームが必要なケースがあります。それは、メンテナンスのための…

read »

TOP