定期リフォームしてますか?水廻りの寿命は約15年~20年程度です

キッチン

シニアの母のために水廻りのリフォーム

カウンターキッチン

かつては3世代同居の大家族の住まいでしたが、今はシニアの母がひとりで暮らしています。現在は、とても元気ですが、将来、体力が衰えてくることも考えられるので、今のうちに、水廻りの設備を使い勝手よくリフォームしました。今回のポイントは、浴室、トイレ、洗濯コーナーの3つの水廻りをひとつのリフォームエリアにまとめて配置し、母の部屋からも移動しやすいようにしました。いわゆるヒートショック現象を回避すべく、廊下を設けないかわりに、広めのスペースを確保。そこに先の3つの水廻りをまとめて配置してもらいました。脱衣所兼洗濯コーナーは、簡易な間仕切りでリビングと隣接させて、室温差をなくしました。
浴室には、乾燥&暖房機能、手元で止水できるシャワー、腰かけられる浴槽、手すりなどを揃えました。トイレはドアから引き戸に変更し、スペースを広く確保。介助者がその場で着替えなども手伝える程度のスペースをプラス。ベッドルームからも楽に移動できる距離で、将来、車イスを利用することがあっても、移動がスムーズにできるようになっています。温水洗浄、防汚便座など日頃の掃除の負担も軽減できるようなものにしました。今まで薄暗かったコーナーですが、採光窓もつくり、明るく風通しもよくなりました。自然光が入る洗面台で、母はメイクするのも楽しくなったといっています。費用は、総額で250万円。安くはありませんでしたが、満足のいく水廻りリフォームができたと思います。

recommended post

ダイニング

水廻りリフォームで大事な事

持ち家がある方にとっては、水廻りリフォームというのは避けて通れない道だと言えるでしょう。そんな水廻りリフォームに関して、特に大事な事をこれから皆さんにお教えしたいと思います。しっかりとそれを把握しておけば、失敗や後悔は回避できるはずです。まず水廻りリフォームというのは、見た目だけでタイミングは判断できないという事を知っておきましょう。見た感じ、使っている感じではそこまで悪くなっているようには思わない、という場合にも実はリフォームが必要なケースがあります。それは、メンテナンスのための…

read »

TOP